男の子はお使いの途中で両手に幾つものナンを抱えていた

お使いをしていた男の子
イランのヤズドで撮影
関連する写真

町を歩いていると、ひとりの男の子と行き会った。両手で沢山のナンを抱えている。お使いの途中のようだった。イランでもインドと同じようにナンを食べるのだ。ナンを作るのには石窯が必要だから、おそらく各家庭で作るものではないのだろう。お店で職人が作ったものを買うのが一般的のようだ。カメラを向けると男の子は立ち止まってくれたけれど、僕に向けた表情はとても硬かった。

奥の方にはバードギールと呼ばれる風採り塔が建っているのが見えた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2005年8月 イラン 人びと
男の子 おつかい 旧市街 ヤズド

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

139

撮影年月

2000年11月

投稿日

2005年08月08日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

ヤズド / イラン

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS KISS

ヤズドってどこ?

PREV & NEXT