煙がもうもうと立ち上っていた

火葬場

ネパールのカトマンズにあるパシュパティナート寺院で撮影

関連する写真

日本人にとっては珍しいことではないが、ヒンドゥー教徒もやはり火葬にするのだった。寺院の横を流れるバグマティ川の川辺は火葬場になっていて、ちょうど遺体が焼かれていた。燃料は薪だけなので、人間の体はなかなか燃えない。そんな中、多くの関係者が遺体の周囲に集まっていた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2013年9月 町角 ネパール
葬儀 パシュパティナート 川岸
パシュパティナートで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

7883

撮影年月

2009年7月

投稿日

2013年09月13日

更新日

2020年01月17日

撮影場所

パシュパティナート / ネパール

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

パシュパティナート寺院ってどこ?

Prev & Next