路地の先を走る自転車

路地の先を走る自転車

路地を先を自転車が走り抜けていった

ベトナムのホーチミン市で撮影。

細い路地を歩いていた。人が擦れ違うのがギリギリくらいの狭い路地だ。両脇には壁が迫っていて、まるで立体迷路の中に歩いているような気分になってくる。立体迷路と違うのは、立体迷路には出口が明確に設けられているけれど、この路地には出口が設けられているかどうかは定かではないところだ。そんなこと思いつつ歩いていると、路地の先に大きな通りが見えた。ほっとする。帽子を被った女性が自転車に乗って横切っていくのが見える。

女性が走り去ると、今度は看板が目に入ってきた。ベトナム語だったので何が書いてあるのかは分からない。ベトナム語は他の東南アジア諸国と異なり、クオック・グーと呼ばれるラテン文字を転用したアルファベットを用いて表される。フランスの植民地だったことから、このようなものが採用されるに至ったようだ。しかしながら、同じようにフランスの植民地だったカンボジアやラオスではこのような動きは見られない。この違いがどこから来たのだろう。かつてベトナムは中華文化圏に属しており、チュノムという漢字表記を用いていたからかもしれない。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ホーチミンってどこ?

PHOTO DATA

No

3084

撮影年月

2009年3月

投稿日

2009年08月17日

撮影場所

ホーチミン市 / ベトナム

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

アーカイブ