男の子は道端にひとりで座っていた

丸顔の男の子
メキシコのメキシコシティで撮影
関連する写真

ベジャス・アルテス宮殿の近くで会った男の子。道端にひとりで腰を下ろしていた。メソアメリカの先住民族はモンゴロイドだ。つまり人種的な意味ではアジア人とメキシコの原住民族は同じ人種ということになる。

男の子はどことなくアジア人を思わせる顔立ちをしていた。と、同時にやはりどこかアジアの人とは違うのだった。それもそのはず。男の子の先祖がメソアメリカの地にやって来たのは、もう遠い昔の話だ。長い時間が、アジア人とメソアメリカの人との差を生んでいるのだろう。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2010年11月 メキシコ 人びと
男の子 メキシコシティ 丸顔
メキシコシティで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

4859

撮影年月

2010年6月

投稿日

2010年11月19日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

メキシコシティ / メキシコ

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

メキシコシティにあるベジャス・アルテス宮殿ってどこ?

PREV & NEXT