煉瓦造りの建物に挟まれた路地でふたりの女の子が立ち話をしていた

煉瓦造りの建物に挟まれた路地で立ち話をする女の子
ネパールのカトマンズで撮影
関連する写真

歩いていた路地は古い煉瓦造りの建物に挟まれていた。カトマンズの旧市街にはこのような路地が沢山走っていて、歩き回っていても飽きることはない。入り組んだ路地はまるで迷路のようで全貌を把握するのは難しいくらいだ。

細い路地に入っていくと、路地の先の方に女の子がふたり立っているのが見えた。ひとりの女の子は、壁に手をつき、もう一方の手は腰に手を当て、脚を交差して立っている。ちょっとだけ居丈高に見える雰囲気だった。そして、もうひとりの女の子は居丈高の子のすぐ横にまるで叱られているかの様子で立っていた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2013年10月 町角 ネパール
路地 女の子 カトマンズ 立ち話
カトマンズで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

7937

撮影年月

2009年7月

投稿日

2013年10月01日

更新日

2020年03月09日

撮影場所

カトマンズ / ネパール

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

カトマンズってどこ?

PREV & NEXT