路地は迷路のよう

迷路のような路地で立ち話をしていた二人の人
中国の上海で撮影 オザワテツ

二人の人が迷路のような路地の一角で立ち話をしていた

いつも通り住宅街の中の路地を歩いていた。ふたりの大人が道端で立ち話しているのが見える。上海に広がっている昔ながらの町には、路地が迷路のように絡み合っている。歩き始めるとすぐに自分の所在地はわからなくなってしまう。もっとも、それが散歩の醍醐味だったりするのだけれど。再開発が進む上海ではこのような路地がなくなるのも、それほど先のコトではないだろう。

それはそうと、写真に写っているような地元の人は僕と違って、ここがどこだかちゃんとわかっているに違いない。よそ者にとっては、このような路地の全貌を知るのは難しい。そういう意味では忍者屋敷のように外からの侵入者を阻んでいるのかもしれない。

EN

上海ってどこ?

PHOTO DATA

No

2032

撮影年月

2008年6月

投稿日

2008年09月24日

撮影場所

上海 / 中国

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM