大きなトラックの前の男

トラックの前に立つ男
インドのベルハンポルで撮影 オザワテツ

トラックの整備をしていた男は仕事の手を止めてトラックの前で微笑んだ

道路脇に整備工場があった。そして男が働いていた。ちょうどトラックの整備をしているところだった。雨上がりで泥濘んだ地面の上には大きなトラックが停まっている。僕がカメラを構えると男は手を止めて、カラフルなトラックの前に立ってくれた。地面には男の仕事道具が転がっていた。

トラックはかなり使い込まれているように見える。いったいどれくらいの距離を走ったのだろう。でも、まだ廃車になることなく、修理が終わったらまたあちらこちらを走り回らなければないないのだ。修理工の微笑みとは裏腹に、トラック自信はもう走りたくないと思っていても不思議ではない。

ENGLISH

ベルハンポルとは

ベルハンポルは、インドの西ベンガル州にある都市・自治体である。2011年国勢調査時点の人口は305,609人で、西ベンガル州ではコルカタ、アサンソール、シリグリ、ドゥルガプール、バルダマン、マルダに次ぐ第7位の都市である。ベルハンポアはムルシダバード地区の行政本部である。州都コルカタから約200kmに位置している。ベンガル州の最も重要なビジネス、行政、教育、政治の中心地であり、インドの中でも重要な都市の一つで、インドの東インド会社の最初の中心地であった。

ベルハンポルってどこ?

PHOTO DATA

No

5977

撮影年月

2011年7月

投稿日

2011年12月10日

撮影場所

ベルハンポル / インド

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM